niftyのホームページ・サービス@homepageが終了のため、移転しました。
niftyの@homepageにて他のページを
ご覧になろうとして、当ページに転送されれてしっまた皆様
ご迷惑をおかけしますが、下のリンクよりご覧ください。


サイト目録



「武蔵名勝図会」「新編武蔵風土記稿」「新編相模国風土記稿」「日光山志」の挿絵をご紹介するページです。



webギャラリー



隠れた名作

遠近法を取り入れた写実の美


武蔵名勝図会(植田猛縉)(1820年)
新編武蔵国風土記稿(1830年)
新編相模国風土記稿(1841年)



こ のページは、
よい状態で鑑賞出来る物が提供されていない
隠れた名画を、 上記地誌類の稿本を中心に

ご紹介するページです。

見て美しく、歴史も解る
寝かせておくのは、もったいない絵です。

また、このページは
1私人の運営する、営利を目的としていないサイトです。

公 開している絵は、全て、リメイクを施しております。



文字武蔵名勝図会
むさし めいしょう ずえ
「武蔵名勝図会」草稿より 小金井桜花の絵
小金井の桜
植田もうしん作   御協力:日野市郷土資料館   (この本は東京都指定有形文化財です)



文字新編武蔵
しんぺん むさしこく ふどき こう
「新編武蔵国風土記稿」より  百草松連寺清涼台の絵
百草松連寺清涼台の絵
独立行政法人国立公文書館所蔵



文字新編相模
しんぺん さがみこく ふどき こう
「新編相模国風土記稿」より  小仏峠の絵
小仏峠西側の絵
国立国会図書館所蔵



各稿本へは、下のボタンを押して、お進みください
ご覧いただけるのは、多摩、津久井地区です。

武蔵名勝ボタン
新編武蔵ボタン
新編相模ボタン


現在出版されている本「新編武蔵風土記稿」「新編相模国風土記稿」の挿絵は
明治時代に書き換えられた絵です。


別巻T
遠近法用ボタン

上の地誌類の絵を扱っていて、遠近法の流れが知りたくなり、調べたものです。
江戸時代の遠近法の流れは、日本の遠近法の流れでもあります。

別巻U
日光山志ボタン

「日光山志」は、「武蔵名勝図会」を著し、「新編武蔵国風土記稿」多摩・秩父の編纂にも係わった
植田孟縉が著したもので、江戸時代では、唯一、刊行にまで至った本です。
当時の著名・無名画家、多数の挿絵が掲載されているオムニバス版とも
言える本です。私が作成しているページに散らばっているものを
1つにまとめてみました。現在、この本も、見れる機会が
あまりない部類に入るのではないでしょうか。
ご覧いただける絵は、全部ではありません。
現在は、20枚程度です。

副産品:北斎
葛飾北斎リンク

「武蔵名勝図会」「江戸時代の遠近法」「日光山志」などであつかっている
葛飾北斎の絵がかなりありますので、これらを中心に、新たに
何枚かを加えて、1ページにまとめてみました。



「武蔵 名勝図会」「新編武蔵国風土記稿」「新編相模国風土記稿」の解説

1.新編武蔵国風土記稿、新編相模国風土記稿は


・江戸時代およびそれ以前の武蔵国・相模 国を知るためには、正確性・記録項目の
 多さから、なくてはならない、最も重要な資料といえます。
・幕府が、幕命により、調査、編集した資料です。
・両資料ともに、江戸時代には、刊行されていません。
 現存する「新編武蔵国風土記稿」は、浄書本と推定される255冊(266巻)と
 写本252冊です。(「多摩のあゆみ」を参照)
 「新編相模国風土記稿」は、浄書本20冊と明治初めの写本59冊が
 残っています。(八王子千人同心の地誌調査」を参照)
・私の推定では、少なくとも新編武蔵国風土記稿は、当初から刊行の意図は
 なかったと思います。
 推定理由は、絵に濃淡のある薄墨を使用していることです。
 この描き方は、当時の出版技術ではる木版画に不向きです。
・編纂作業に当たった部署は、湯島聖堂の昌平坂学問所・地理調所です。
 この地誌調所は、地誌編纂のため、大学頭林述斎の建議により
 設けられた部署です。 
・地理調所の責任者は、西丸御小姓組御番頭取
 間宮士信(まみやことのぶ)です。
・新編武蔵国風土記稿の調査、編纂範囲は、御府内と呼ばれた地域を除く
 武蔵国全域です。(武蔵国の範囲は、下に掲載の地図をご参照して下さい)
 御府内と呼ばれる地域は、別に「御府内備考」としてまとめられています。
・新編相模国風土記稿の調査、編纂範囲は、相模国全域です。
 (相模国の範囲は、下に掲載の地図を参照して下さい)
・調査、まとめられた時期は、「新編武蔵国風土記稿」が1810〜1830年
 「新編相模国風土記稿」は、1830年〜1842年です。

2.武蔵名勝図会は


・「新編武蔵国風土記稿」の多摩地区を中心に調査・編集にたずさわった
 千人同心・組頭:植田孟縉が「新編武蔵国風土記稿」と平行して著した本で
 この本も、江戸時代には刊行されませんでしたが、刊行を意識した体裁、内容に
 なっています。
・武蔵と名前がついていますが、扱われている範囲は、多摩地区のみです。
・刊行にいたらなかったこと、多摩地区に限られた内容になった理由は
 「江戸名所図会」の企画があることを知ったためと、いわれています。
・「武蔵名勝図会」の間宮信士よる跋文(本の終わりにしるす文)に上記内容が
 書かれています。
・「武蔵名勝図会」の完成は1820年、昌平坂学問所へ献上したのが1823年です。
 一方、「江戸名所図会」の刊行は、1834年頃からです。
 刊行の十数年前に、計画を知っていたことになります。
 たしかに、「江戸名所図会」は、親子三代におよぶ企画ではありますが。
・「武蔵名勝図会」の刊行を止めた時期は、かなり早くからと推定されていますが
 私も、そのように推定いたします。理由は、「新編武蔵国風土記稿」と同じです。
・「武蔵名勝図会」は、浄書本が見つかっておらず、残っているのは草稿と写本のみ
 ですが、写本の絵に濃淡のある薄墨が使用されています。このことから、浄書本も
 薄墨を使用していた可能性が高いです。出版には、不向きな描き方です。
 絵を完成させた時点で、すでに出版の意向はなかったと思われます。
 (ただし、出版用と献上用と二本立てを考えていたとすると、話は別でが)
・多摩地区に限られますが、絵に関しては、「新編武蔵国風土記稿」と
 「武蔵名勝図会」は、共通した絵が多いです。
・また、「武蔵名勝図会」、「新編武蔵国風土記稿」の絵は、当時としては、そうとうに
 先進的な描き方です。

 


明治時代の地図。「明治節用大全」より
武蔵相模の地図


「新編武蔵国風土記稿」掲載の武蔵国全図をご覧になるんは
下の文字をクリックして下さい。幅1500ピクセルの地図が
別ウインドウで開きます。当時の郡の様子が良く分かります。

武蔵国全図


掲載し ている絵について
このホームページで公開している絵は、全て、所有権者の
ご承諾を得て掲載しております。

 「武蔵名勝図会」草稿は、吉野連一氏の所有
  日野郷土資料館の管理・保管するとこのものです。

 「武蔵名勝図会」写本は、独立行政法人国立公文書館の
  所蔵品です。

 「新編武蔵国風土記稿」は、独立行政法人国立公文書館の
  所蔵品です。

 「新編相模国風土記稿」は、国立国会図書館の所蔵品です。

 「北斎漫画」「椿説弓張月」の内、絵の下に「立命館大学・・」
  とあるものは、立命館大学アート・リサーチセンターの
  所蔵品です。


このホームページは、下記ウェブを発展、独立させたものです。
短い解説なども載せています。
ご覧いただければ、幸いです。

http://hatuzawa.la.coocan.jp/fudokinoe.html

ご注意)  転載などは、ご遠慮下さい。
原本の著作権が切れていても、ここに公開している絵は
全てリメイクを施してあり、新たに著作権が発生していると
考えられます。
また、ご協力いただいている方々へのご迷惑ともなります。


当 ホームページの製作責任は、安藤 勇が負っております。

メールアドレス: isam.andoh@nifty.com

(注:迷惑メールが多いため、一時受付を中止するこ
 とがあります。また、Webフリーメール系の一部を、
 受信拒否設定しています。)

(2007年1月1日更新)


ページ最上段へ戻る


リンクサイト目録